驚異の消臭袋気になる臭い対策の強い味方!

驚異の消臭袋気になる臭い対策の強い味方!

驚異の消臭袋気になる臭い対策の強い味方! 最近注目を集めている消臭素材にBOSがあります。
現在特許出願中の素材です。驚異の防臭力を持った安心・便利な高機能素材です。
元々、医療向けに便を収容する袋を開発していたのですが、その技術を生かして現在では消臭袋として様々な生活場面で使用され評価を得ています。
よく耳にする言葉に消臭袋というものがあります。これは袋に消臭剤が含まれているものです。BOSはそれとは異なり防臭機能を持っています。
人には臭いを感じることができる限界(嗅覚閾値)があり、臭いの成分と濃度がこれを超えると臭いを感じます。
BOSは完全に臭いを封じ込めているものではありませんが、漏れるスピードが非常に遅くなるように工夫されています。
排せつ物を袋に入れてしばらく時間をおき、鼻をつけても臭いません。
もちろん菌ももらさず、燃やしても有毒ガスを発生しないので環境にやさしい商品と言えます。シャカシャカ音もほとんどなく、中身が見えにくく、また口は結びやすく開けやすいという特徴もあり、使いやすさはいうまでもありません。
主な使用目的としては、赤ちゃんや介護を必要としている人のおむつ用バケツとして、ペットを飼って絵いる人はペットのうんち袋、ペットシーツ入れとして、ごみ箱や生ごみの処理用として、また臭いのきついキムチや漬物の保存袋として等多岐にわたっています。
日常生活における様々な場面での気になる臭いは驚異的な防臭袋BOSで解決できるかもしれません。

ペットのウンチ用の消臭袋の使い方

ペットのウンチ用の消臭袋の使い方 ペットのウンチはしっかり密閉しているつもりでも臭いが出てしまう事があり、飼い主の悩みの種となっていることがあります。
そんな悩みを解決してくれるアイテムとして注目を集めているのがペットのウンチ用の消臭袋であり、手軽に臭いを予防しながらウンチを処分することができるということで人気を集めています。
そんなペットのウンチ用の消臭袋の使い方としては、まず袋の中にウンチなどの臭いの原因となるものを入れます。そして袋の口を数回ねじって完全に密封した後でしっかり結べば、あとはそのまま捨てるだけで簡単に処理することができるようになっています。
処理に関しては各自治体のルールに従って処分する必要がありますが、消臭袋だからと言って特別な処理をする必要はないので普段どおり処理することが出来るというところがメリットです。
ただし結び目となる部分よりも上にウンチなどの臭いの原因が付いてしまうと臭いを予防することが出来なくなっているので、袋に入れる時にはできるだけ口の部分などに当たらないように入れることがポイントです。
またウンチなどの臭いの原因が付いているものは全て袋の中で臭いを遮断できるようになって入るのですが、その中に突起物など尖ったものが入っていると内側から敗れてしまう事もあるので注意が必要です。